伝統の技が作り出す”広島の美味しさ”をお届けいたします。

時間と共に創られた味

現在の五代目中村 隆弘は、創業以来の伝統の技・味の伝授を受けつぎ 瀬戸内の恵まれた食材 広島名産である牡蠣・広島菜・音戸ちりめんを素材とした新製品の開発等・販路の開拓を積極的に行い、現在の主要商品の誕生に携わってきました。

平成7年に屋号を「珍味処なかむら」と改め、現在も製品開発に励み、お客様に喜んで頂ける品をお届けいたしております。

次のぺーじへ